愛犬の「毛の変色と匂い」に、皮膚炎用シャンプーでケアを始めました!

犬との生活
Sayoko
Sayoko

こんにちは!Sayokoです!

「編み物と犬好きさんが楽しめる」をコンセプトにブログ運営をしております!

我が家の愛犬のトイプードル。

去年ごろからこんな症状が気になっていました。

  • よく手足をなめる
  • 毛の色が茶色くなってきた
  • 洗っても匂いが気になる
  • 黒い垢のようなものが鼻ずら、指の間についている

初めは「なめる癖がついたのかな?」なんて思っていたのですが、
気になったので、予防接種の診察の際に獣医さんに相談してみました!

診断の結果は、「酵母菌の一種が増殖して皮膚炎になっている」とのこと!!

痒かったから、ぺろぺろしてたんだよ。

なかなか気づかなくてごめんよーー!

この記事では、似たような愛犬の症状で悩んでいる飼い主さんに向けて

  • 皮膚炎の原因となった菌について
  • 悪化させないための対策
  • ケアを初めてからの効果

をまとめていきます。

皮膚炎の原因となった菌の正体とは?

今回の皮膚炎の原因となった菌は、「マラセチア菌」

  • マラセチア菌とは、酵母菌の一種
  • 犬にも、人にもいる常在菌
  • 増えると皮膚炎の原因になる

顕微鏡で見ると、雪だるまのような形をしている菌の一種です。

増殖するとどうなる?

マラセチア菌が増えすぎてしまうと、

  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚の炎症
  • においの発生(佃煮に似たにおいでした!)

といった症状が起きてきます。

我が家の愛犬は、「黒い垢」のような形で目に見えるくらいに増えていました。

もっとひどくなると、皮膚の色素沈着にもつながるそう。
そうなる前に気づけて、本当によかった~。

頬っぺたが茶色くなってしまった愛犬

なぜ菌が増殖してしまったのか

原因は、毛を濡らしたままで過ごしてしまうこと
水に濡らすことが、菌を増殖させる原因となります。

菌が増える→痒いから、犬がなめる→毛が濡れた状態→菌の温床になる

痒くてなめてしまう行為が、菌をさらに増やすという悪循環になってしまうんですね。

家庭でできる予防策とケア

菌を増やさない予防策

我が家では、お散歩後の足を洗った後は

  • タオルで拭く
  • ドライヤーで乾かす
  • ブラシで毛をとかし、毛に隙間を作る

を徹底するようにしました!

増えてしまってからのケア

我が家の愛犬が行ったケアは、

  • 獣医さんによる20日のお薬の処方と
  • マラセチア菌皮膚炎用のシャンプー

同じく、マラセチア菌が増えていると診断されたお友達ワンコは
軽度のうちに気づいたので、お薬の処方はなかったようです!

ケアを続けた結果

  • 黒い垢のようなものが出なくなった!
  • 匂いがほぼしなくなった!
  • ぺろぺろが減ってきた!

ぺろぺろが減れば、変色した毛も、これから生え変わって綺麗な色になってくれるでしょう♩

毛の色は、涙焼けの時と同じで、一回色が変わるともう元には戻らないのですよね~。

まとめ

もし、

  • 手足をよくなめている
  • 毛の色が変わってきた
  • 垢のようなものが出ている
  • 洗っても匂いが落ちない

などの症状が愛犬に出てきたら、「皮膚炎かな?」と疑ってみるといいですね。

軽度のうちなら、薬の処方もなくシャンプーと日頃のケアで改善します。
犬は「痒いよー」と言葉に出して言えないので、私たち飼い主が早く気づいてあげるようにしたいですよね!

関連リンク

今回、愛犬の皮膚炎ケアに使ったのはこのシャンプーです!

泡立てて、毛にもみこみ5分間のパック。
洗い流して、ドライヤーで乾かして使いました!

集中ケアをしていた時期は、お散歩後の足洗の時は毎回使用し、現在は頻度を落として使うようにしています。

タイトルとURLをコピーしました