Heidi Bears「アフリカンフラワー」の羊を編んでみました!【難易度・参考動画など】

編み物
Sayoko
Sayoko

こんにちは!Sayokoです!

「編み物と犬好きさんが楽しめる」をコンセプトにブログ運営をしております!

編み物好きのSNS”Raverly”で大人気、Heidi Bearsさんの作品に挑戦しました!
Heidi Bearsといえば、アフリカンモチーフつなぎの動物の編みぐるみ。

可愛いですよね♡

ただ、編み図は英語ですべて書いてあり、英語に自信がなくて編むのを躊躇してらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

しかし、実際に編んでみると「中学生レベルの英語でも十分編める!」と感じたので、編み図の購入を迷っている方は安心してくださいね。

では、アフリカンフラワーの羊を編んでみたレポをまとめて行きます!

編み図の難易度

そこまで難易度は高くありません。

モチーフの編み方は、編み図で示してあり、日本の編み図とほぼ同じです。
だから、かぎ針編みの図を読める方なら、問題なく編めます!

編み図に出てくる英語をちょこっと紹介!

  • 鎖編み=chain stitch (cs)
  • 細編み=single crochet (sc)
  • 長編みはdouble crochet (dc)

と表記されます。

鎖編みは、そのまま鎖が英語の「チェーン」になっただけなのですね!

おまけ

「アメリカ英語」と「イギリス英語」は違うと、言われますよね!
実は、編み物にも「アメリカ式の呼び方」と「イギリス式の呼び方」があるんです!

Heidi Bearsさんの編み図は「アメリカ式」の表記です!

編み図は全部で30ページ!

もちろんすべて英語!
説明がとても丁寧です!

モチーフの編み方は図を見ればOKなので、チェックするべきポイントは

  • 六角形や五角形のモチーフをそれぞれ何枚編むのか
  • どの順番でつないでいくのか

が、分かればOKです!

モチーフのつなぎ方

つなぐ方法はYoutubeのこの動画(おそらくご本人)を参考にしました!

タイトルとURLをコピーしました