とじはぎのないワンコセーター【犬服・編み図】

手編みの犬服 無料編み図
Sayoko
Sayoko

こんにちは!Sayokoです!

「編み物と犬好きさんが楽しめる」をコンセプトにブログ運営をしております!

犬のセーターって、パーツのとじ・はぎ など仕上げが結構めんどうだったりしませんか?

特にわんこニットは、首、脚、裾と細かい仕上げが多かったりして、意外と完成に時間かかったりするんですよね。さらに、とじ代が内側でぼこぼこするのも気になる。

そこで、「できるだけ面倒なとじはぎをせずに編める犬のセーター」を考えてみました!

この編み方なら

  • 内側にぼこぼこもできない!
  • 伸縮性もあり、着せやすい!
  • 何より、とじがないので編むのも楽々でした!

初心者さんは、まずは道具の準備から始めましょうねー!
→参考記事:犬服初心者さんにおススメ!毛糸と道具【棒針】

とじはぎのないわんこセーター【編み方】

編み始め

まずおしり側から、つくり目をして往復編みで編んでいきます!
つくり目は、私は別鎖を拾う方法で編みましたが、指で作る一般的なつくり目でもOKです!

そして、増し目をしながら往復編みでおしりが隠れる程度まで編み進めます。(22段目まで)

23段目からは輪にして編む

23段目は、まず背中側を編んだら、巻き増し目16目か、別鎖で16目拾い目をします。
(写真は、別鎖を拾ったパターン)
そして、24段目からは輪にしてぐるぐると編み進めます。(40段目まで)

背中とお腹側を分ける(41~50段目)

41段目では、お腹側を要らない糸や使わない棒針に休めておきましょう!
背中側から先に、脚を出す穴を作ります。
※3目減らすところは伏目、増やし目は巻き増し目で増やしています。

次に、休めておいたお腹側も減らし目をして足をだす穴を作ります。

お腹側と背中側を合体させる(51段目)

先ほど別々に編んだお腹側と背中側を再び合体させて、輪にします。あとは首までくるくると編んでいきます。

そのまま、58段目までくるくると編みます。
首のゴム編みを編むときは、棒針を2号小さくします。(図の通りなら5号で)
号数を落とすことで、首回りがひきしまり、フィットしてくれます。

最後は、できるなら一目ゴム編み止めで終えると、仕上がりがきれいです!
難しい場合は、伏せ止めで代用しましょう!

脚入れと裾にゴム編みを編む

それぞれ必要な目数分拾い目をして、輪にしてゴム編みを編みしょう。
犬の服は小さいので、輪針は使いづらいので、4本棒針がおススメです。

完成です!

胸側と背中側を別々に編んでとじる、という作業が省略できるだけでもだいぶ編みやすくなりますよね。内側の凹凸が少なく、着脱もしやすいです。

アレンジ

この編み図はメリヤス編みのみでシンプルなので、色を変えたり飾りをつけるとオリジナリティー出ますよね!

写真のように、2段ごとに色を変える色のボーダーにする場合は、輪で編むときの段が変わるときの色変えに工夫が必要です。私はAtelier Knitsさんの段差ができないボーダーの編み方を参考に編みました。
初心者の方は、1色で編むか、元からカラフルになった毛糸を使うといいですよ!

あなたの愛犬ちゃんにも、このストレスフリーな手編みのセーター作ってあげてみてくださいね!

編み図のダウンロードはコチラ(PDF)

SAYOKO
SAYOKO

こちらのページに、たくさんのアクセスをしていただきありがとうございます!
この編み図は、エクセルを使って初心者時代に作成したものです。少々見づらいところがございますが、よかったらダウロードしていってくださいね。

SNS等にアップされる際は、こちらのページのリンクを貼っていただけると嬉しいです!

とじはぎのないわんこニット

関連記事

とじはぎのないわんこニット以外にも無料編み図を載せています!
是非ほかの編み図もご覧ください♩

また、オンラインストアでも犬の服の編み図の販売をしております!
こちらも是非お立ち寄りくださいね♩

Sapo-tricot Store
〜no dog no life〜 愛犬と飼い主さんの毎日に、わくわくを。 大好きなワンちゃんだから、ほかの子とかぶらないオンリーワンのニットを着せてあげたい! Sapo-tricotオリジナルの犬用ニットや飼い主様用のおそろいニット帽などの編み図を制作しています。 現在取り扱っているサイズは、2キロ前後の小型犬サイズ...

コメント

  1. ミナ より:

    こんにちは とても参考になります。質問ですが、袖部分はどうやって開けるのでしょうか?
    編み物はした事が無いのですが、家のワンコに編んでみたいです。

    • Sayoko sapo-tricot より:

      こんにちは♪コメントありがとうございます(*^^*)

      前足が出る部分ですね!輪で編み進めて行って、足のところにきたら、先に背中だけを往復編みで編み、次に胸側を往復編みで編んで、首回りはまた胸と背中を続けて輪で編むという手順です。

      なかなか文章でお伝えするの難しいですね(^^;
      裁縫と違って、穴を開けたりはしてないですよ

  2. ミナ より:

    ご親切にお返事ありがとうございますもうチンプンカンプンです製図をダウンロードさせて頂きましたが 目の前が真っ暗に。。。海外在で近所にお教室が無いのです。いつかこのセーターが編めるのを目標に頑張ります。

    • Sayoko sapo-tricot より:

      海外からの閲覧!ありがとうございます(*^^*) 是非編んでいただきたいです~♪最近はYouTubeでも編み方たくさんのってますので、トライしてみてくださいね~♪

  3. しげこ より:

    こんばんは。
    とても参考になります、愛犬のために編んでみたいと思い、こちらにたどり着きました。
    ひとつだけ、質問よろしいでしょうか?
    休めておいたお腹側の14目の編み始めの毛糸はどうしたら良いでしょうか?
    ほんとうに初歩的な質問ですみません。
    よろしくお願いいたします。

    • Sayoko sapo-tricot より:

      こんにちは!コメントに気づくのが遅くなってすいません。
      もともと編んでいた糸で背中を先にあんで、次に休めたお腹をどう編むか?ということであってますか?
      背中とは別に新しい糸を付けますよ^^
      分かりにくくてすいません~!

  4. ゆうこ より:

    初めての挑戦です。
    私の犬は少し大きめです。胸囲が50cmで作りたいにですが、その場合、どういうふうにすれば良いのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました