三國万里子さんのスズランソックスをアレンジ「ミモザセーター」【編み方メモあり】

無料編み図
Sayoko
Sayoko

こんにちは!Sayokoです!

「編み物と犬好きさんが楽しめる」をコンセプトにブログ運営をしております!

今日は2022年3月に編みあがった「ミモザセーター」の編み方をまとめていきますね!

このミモザセーターはこんな方におススメです!

  • 三國さんの作品が好き!
  • モヘアを使ってセーターが編みたい!
  • セーターの袖付けが苦手!
  • ふんわりオーバーサイズのニットが好み

では、編み方と使用した毛糸についてまとめていきます。

編み方のメモ&スズラン模様の編み図が載っている本は、この記事の下の方に載せています。

編み方は、無料ダウンロードできますので「編み方だけほしいよ」という方は、目次から見たい項目をタップして飛んでくださいね!

使用毛糸・棒針

シルクモヘアとツイードの2本どりを棒針4号で編みました!
ツイードとモヘアを合わせる斬新な発想は、神戸の毛糸屋さんヴェアルセの作品を参考に。

黄色いモヘアは、京都の野田毛糸さんのシルクモヘア。
野田毛糸さんの毛糸は、催事場でのみ私たち一般客は購入できます!

ツイードは、神戸ヴェアルセで買ったイサガーツイード。ベージュに近い生成り色の糸です。

編み方

身頃から編む

まず、前身頃と後ろ見頃をそれぞれ編みます。
※通常、脇のくりはカーブにしますが、今回は袖付けを省くために直線にしました!カーブをやめても着心地にはあまり影響ありませんでしたよ。

肩の斜めのラインは、引き返し編みで最後に段消しします

次に、身頃同士の肩と脇下を閉じて、ベストのようにつなげます。
※編み方メモに入れ忘れましたが、肩は「中表にして、かぶせはぎ」でつないでいます。

袖を編む

見頃をとじてから、アームホール(腕を出す穴)から、脇下をスタートとして拾い目をして袖を編んでいきます。輪に編むので、出来れば短めの輪針を使うと楽に編めます!

袖のデザインは、あえて手首まで減らし目は一切しない「バルーンスリーブ(萌え袖)」です。
手首周りは絞りたかったので、ゴム編みに入る前に二目一度を8回行い、8目減らしました。
2号の棒針に変えて二目ゴム編みを編み、最後は二目ゴム編み止めをし、袖の完成!

首回り・裾のゴム編みを編む

首回りも裾も、輪にして編みます!
2号の輪針で目を拾い、二目ゴム編みをして二目ゴム編み止めをすれば、完成です!

編んでみて

袖を身頃から拾うデザインは、袖のとじと袖付けがないので、早く完成できました!

スズラン模様は偶数段にも掛け目や二目一度があるため、往復編みで編むときは気が抜けません。私も何度か間違えてほどきました。

着心地は、抜群にいいです!
モヘアはすごく軽く、それでいてあったかい。まだ肌寒い日がある春の時期にぴったりのセーターに仕上がりました♩

編み方メモと参考書籍

ミクニッツ小物編

ポコポコのすずらん模様は、『ミクニッツ小物編』に掲載のスズランの靴下から使わせていただきました!本をお持ちの方は、是非編んでみてくださいね!

ミモザセーター編み方

ミモザセーターの編み図はこちらです!

タイトルとURLをコピーしました